So-net無料ブログ作成

「国益」という言葉 [感想]

高校の同級生らとの新年会を毎年しています。30人以上も集まり盛況です。


その宴席でのこと。「『国益』という言葉を最近よく聞くが、俺らの高校のころは『国益が何たら』なんて言わなかったよな」という話しが出ました。

酔っぱらいの戯言ですが、何となく気に掛かりました。

新聞雑誌記事横断検索を使って、年度ごとに、タイトルか本文中に「国策」が使われた記事が何本あるかを拾えば簡単に調べることができそうなので確認してみました。


朝日、読売、毎日、産経の四大紙と NHKニュース についてグラフ化したのが下図です。

収録時期が一番古い、朝日新聞でも1984年(昭和59年)8月4日が新聞雑誌記事横断検索の収録開始日なので、グラフは1984年(昭和59年)以降の期間についてのものになります。

「国益」全国紙とNHK.jpg

「国益」という言葉は 30年前は、今ほどは使われていなかったことが分かります。湾岸戦争とか、尖閣とかの紛争が起きると使用頻度が急増するようです。 

各紙(とNHK)の比較ですが、朝日、読売、毎日は 同じ傾向と頻度で、産経は使用頻度が 3紙の2倍で、突出していることが分かります。

また、NHKは 朝読毎よりも抑えぎみ,との傾向があることが読み取れます。


 


グラフデータは「国益」.xlsx ですので参考にしてください。

nice!(0)  コメント(1) 

nice! 0

コメント 1

ひろ

お久しぶりです。なんとなくですけど、ジップの法則で1位が30%以上を占めるという理屈はわかりますが、不思議な感じですね。
by ひろ (2019-01-27 01:36) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント