So-net無料ブログ作成

東京地裁 説明 20181221-20181222 [検討]

東京地裁が、ゴーン氏の勾留延長却下を支持した準抗告審の棄却決定の理由を公表したということです(NHK NEWSWEB 首都圏NEWS WEB 2018年12月21日「東京地裁 勾留却下の理由を公表」)。

「東京地裁は21日、準抗告を退けた理由の要旨を公表し」たとあるので、東京地裁のホームページを見ましたが、新着情報には出ていないようです。

NHKの記事のほか、全国紙ですと、朝日新聞、毎日新聞の記事はすぐに見つけることができたのですが、読売や日経の記事は見当たりません。

新聞雑誌記事検索を使って、キーワードを「東京地裁  説明」、期間を 20181221-20181222として検索してみると、全国紙では、毎日、産経、通信社では、共同 しか記事にしていないようです。


朝日新聞は、朝日新聞GIGITALで「地裁が異例の説明『ゴーン前会長の勾留延長却下は正当』」という記事を21日22時40分に配信しているにもかかわらず、新聞雑誌記事検索ではその記事が見当たりません。

毎日は22日朝刊29頁社会面に「日産:準抗告棄却理由、地裁異例の公表 ゴーン前会長ら勾留延長請求巡り」(全352字)という記事を載せています。ネットの「東京地裁 検察側の準抗告棄却理由、異例の公表 ゴーン前会長ら勾留延長請求巡りとほぼ同じ記事です。

産経は22日朝刊21頁第1社会面に「『捜査経緯を正当に考慮』 東京地裁、準抗告棄却の理由公表」(全255字)を掲載しましたが、記事の最後が少し違っていますが、ネットの「東京地裁、ゴーン容疑者めぐり異例の対応…準抗告の棄却理由公表」とほぼ同じです(あとで、共同の記事とほぼ同じものであることに気付きました。)

また、共同通信社は「東京地裁、異例の棄却理由公表 『捜査経緯、正当に考慮』」という記事全375字の記事を21日に配信しています。ネットの「捜査経緯、正当に評価」の記事に、その上で『その他、検察官はこまごまと論難するが、いずれも理由がない。勾留期間を延長するやむを得ない事由があるとは言えず、勾留延長請求を却下した決定は正当』としている。」という部分を付け加えた記事でした。


東京地裁が公表したということであるのに、読売や日経、時事は 記事にしていないのはどうしてなのでしょう。また、海外では、東京地裁の公表内容についてどう報じられているのでしょう。

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント