So-net無料ブログ作成

出帰国記録 と所在調査についての弁護士会照会 [調査]

父親の葬儀には外国から帰国して出席したが、再び海外に出て行ってしまった息子について、家裁に不在者財産管理人を選任してもらい、父親の遺産について遺産分割をしたいと考えられている方からの相談を受けました。
       
         
息子が どこの国に行ってしまったのか皆目 分からないということなので、不在者であることの調査を兼ねて、
   
① 入国管理局への日本人出帰国記録の弁護士会照会(平成26年9月法務省入国管理局「弁護士法第23条の2第2項の規定に基づく弁護士会からの照会について(案内)」参照、また、「出入(帰)国記録等に係る照会に当たっての留意点」を参考にしてください。)
  
と、
 
②  外務省への所在調査の弁護士会照会(外務省HP「所在調査について」、「調査申し込みのための必要書類(弁護士会)
   
をしなければならないことになるようです。 私も初めての照会で、わからないことばかりです。 
        
   
   
外務省の所在調査については、東京弁護士会調査室編「弁護士会照会制度〔第4版〕」148頁をみてみると、
 
「調査の回答には、照会文書発送後2~3か月の日時(場合によっては半年)を要します」
 

と書いてあります。

回答に時間を要するようなので、さっさと申立てなければいけないということです。

 

回答が返ってきてから、次の手続の選択ということになるため、長丁場 となりそうです。   

         

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0