So-net無料ブログ作成

分かった振りしていたが… [はずかしい]

「景気のバロメーター」などという表現の際に使われる 「バロメーター」ですが、

気圧計のことを言うことも知らず 知った顔をして使っていました。

バロは ギリシャ語の「バロス(重さ)」が語源だそうです。

 

私に近しい若い者は「バロメーター」という言葉を一応、知っていましたが、「バロメーター」という言葉は徐々に使われなくなってきているようです。

新聞・雑誌記事横断検索を使い、「バロメーター」という用語が使われている記事数の2001年以後の年ごとの推移を、全国紙(朝日、読売、毎日、産経) について調べてみましたが、その結果が下図となります。

ゆるやかな右下がりとなっていることが確認できです。 

 バロメーターの全国紙掲載記事件数.jpg

ちなみに、2015年の全国紙4紙での「バロメーター」を使っている記事数は、

朝日  40   読売  28   毎日  30   産経  25 

という結果でした。

「バロメーター」という用語は朝日新聞が好きそうだなと思っていましたが、こちらも、やはりそのような結果を示しています。 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0