So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

非該当の際の後遺障害診断書の文書料の負担 [困惑]

交通事故の相談の際、相談者から
      
「損保担当者が『医師に書いてもらう 後遺障害診断書 の作成料は、後遺障害の認定が非該当の場合は被害者負担になる』と言っているが、何を根拠にそう言っているのでしょうか」
      
と質問をされました。

   

考えていなかったことで、赤本にも青本にもそんなことについては何も書いてありません。
   
インターネットで調べてみても、「医師に書いてもらう 後遺障害診断書 の作成料は、後遺障害の認定が非該当の場合は被害者負担になる』と説明しているホームページは多々あるのですが、
    
何故なのか、その根拠を示しているものが見つかりません。
      
    
余りに当たり前ではないはずなのですが。
   
    
ところで、損害保険料率算出機構のホームページの「診断書の費用等」では、「必要かつ妥当な実費」を支払いの基準としていると書いてありますが、それに該当するのかどうかが判断できないため調べているわけですから、「必要かつ妥当」なんて書かれていても、そんなのは何を書かれていないのと一緒です。
                          
これ以上、調べても考えても仕方がないので、答えを知っていそうな、損害保険料率算出機構名古屋自賠責損害調査事務所に電話をして聞いてみることにしました。
   
用向きを伝えたところ、10分ほどして返事をいただきましたが、
   
その際に取ったメモによると、概要、 
   
「自動車損害賠償責任保険損害調査関係規定集Ⅲの14頁に、『後遺障害の認定が非該当である場合は、診断書等の費用に該当しない』と書いてあるので、非該当の場合は被害者負担ということになる」
    
というのが返事の内容でした。
    
「非該当の場合は被害者負担」が、規定集の記載を根拠にしたものだということが分かり、一応は納得できました。
                            
        
とは言うものの、損害調査関係規定集なんて聞いてことなかったので、知識を補充するため、Googleでキーワード検索してみましたが、オーソライズされた団体のちゃんとした説明が見当たりません。
       
隠していると見たくなるので人情です。
 
返事を聞き取りしたメモでは、損害調査関係規定集14頁の該当箇所の、正確な記載内容が転記できていなかったこともあったので、この際、損害調査関係規定集の実物で見せて貰って、該当箇所を転記したものを残しておこうという気になりました。 
     
損害保険料率算出機構の名古屋の出先は、自転車で数分しか離れていない「瀧定ビル」にあるようなので、
「(自動車損害賠償責任保険)損害調査関係規定集の該当個所を見せてもらえないでしょうか」と電話でお願いしてみました。
       
その結果ですが、いろいろな経緯を経てのことでしたが、東京の機構本部からの
     
 「損害調査のための内部資料であり、一般には開示してない。したがって、閲覧することはできない」
   
との返事であったということで、損害調査関係規定集の閲覧は拒否されてしまいました。
     
   
今の御時世に、「知らしむべからず」 などと言われるとは 参りました。
   
   
 
損害保険料率算出機構のパンフレット を読んでみると、
 
私たち損害保険料率算出機構(損保料率機構)は、損害保険料率算出団体に関する法律(料団法)に基づいて設立された団体(非営利の民間の団体)※1であり、 損害保険会社を会社とする組織です。※2
   
 
※1  当機構は、損害保険会社が設立した団体であること、また、料率団体は他にも設立することができることから、特別の法律により特定の団体として設置される「特殊法人」や「認可法人」とは異なります。また、「一般社団法人」、「一般財団法人」等の冠もつきません。
   
   
※2  主務官庁は金融庁です。 
 
   
と、損害保険料率算出機構が特殊法人認可法人とは違い、損保会社が設立した民間会社に過ぎないことを強調した説明がなされています。 
      
損害保険料率算出機構は「民間の団体」だと言いたいようです。
      
    
だから秘密を持つことは許されるという理屈なのでしょうが、
    
そもそも、設立認可された団体であることを忘れてしまっているようです。
      

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

お名前(必須)

しかしながら、金融庁ではなく自賠責保険は国土交通相という訳
by お名前(必須) (2018-03-01 03:48) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0