So-net無料ブログ作成

グレーゾーン金利違法判決から10年も経つのか [速報]

産経新聞の 「グレーゾーン金利違法判決から10年 減少傾向の過払い金返還訴訟」という記事を読もうと思い、記事をクリックしたのですが、
 
指定されたURLは存在しませんでした。  
 
と出てきて記事が読めません。
      
    
「グレーゾーン金利」をキーワードにして、Googleのニュース検索をすると、記事は最初に表示されます。
   
産経新聞が閲覧できない扱いとしたようです。 
 
 
グレーゾーン金利150803Google 検索.jpeg 
   
   
隠されると知りたくなるのが人の性分ではないでしょうか。
   
新聞・雑誌記事横断検索で、検索期間を2015年7月31日~8月1日、キーワードを「グレーゾーン金利」で検索したみると、
4つの記事が出てきました。
 
 
 
「グレーゾーン金利」150803.jpeg 
(上は新聞・雑誌記事横断検索の検索結果画面をキャプチャーしたもの)
     
 
「グレーゾーン金利違法判決から10年 減少傾向の過払い金返還訴訟」は、8月1日(土)に産経新聞朝刊に掲載された記事だということが分かりました。 
      
同日、 「過払い金返金の時効をあおるCM 『違反ではないが…』」という記事も掲載されていますが、こっちはネットで閲覧できます。
     
 
消えてしまった「グレーゾーン金利違法判決…」の記事が、より刺激的なものであることは容易に想像できるわけで、気になって仕方がありません。    
 
産経新聞は1記事100円です。
   
仕方ありません、読んでみました。 
         
   
なるほど。記事中には、
 
「あるベテラン民事裁判官は『過払い金があると確認でき、裁判に必要な書類をそろえた段階で確実に勝訴できる。個々の能力は必要とされない。一部の弁護士や司法書士の能力が低下している実感がある』という。
   
日弁連の幹部も『競争が激化する中で、能力の低い弁護士にとっては厳しい時代に突入している。過払い金返還を専門にしてきた弁護士が、他の訴訟に対応していけるのかという懸念がある』と打ち明ける。」 
 
という件がありました。
 
    
猛烈な抗議があって産経新聞も譲歩したということなのでしょう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0