So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ヌードスタジオの経営 [豆知識]

昨16日のローカル紙である中日新聞の名古屋市版に、

愛知県警中村警察署が、女性の裸などを撮影する「ヌードスタジオ」の経営する男を風営法違反(禁止区域営業、無届け営業)の疑いで逮捕した

とのベタ記事が載っていました(「ヌードステジオ経営者を逮捕 中村署」)。

どうでもいい記事かのように思っていましたが、日テレニュース24 も報じていますので、

それなりのニュース価値があるようです(日テレニュース24の2013年1月16日「ヌードスタジオ経営の男、風営法違反で逮捕(愛知)」)。

 

新聞雑誌記事横断検索で、2013年1月1日以降を検索期間、キーワードを 「ヌードスタジオ」として検索をしてみましたが、

今回の記事だけしか出てきませんので、ヌードスタジオの摘発はほとんどないようです。

 

インターネット上では、ヌード撮影会の検索サイト も見つけることができるので、催し物としては盛況なようです。

でも、 「風営法の届出」をしている謳っている店を見付けることができません。

おそらくちゃんとした手続などどこも取っていないのでしょう。

 

よく知りませんでしたが、ヌードスタジオの営業は、

ストリップ劇場や、のぞき部屋と同様、 

風営法第2条第6項第3号の 店舗型性風俗特殊営業となるようです。

風営法の関係としては公安委員会への届出だけで足りるようですが(同法27条)、それに先立って、 

興行場法に基づき、名古屋市から営業許可を貰わないといけないことになるようです。 

 

経営者は今後は 公安委員会への届出をして営業をして、再起するとの決意を述べていましたが、

決してハードルは低くなさそうです。 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0