So-net無料ブログ作成

ストライキは年間二桁しかないんだ [読書]

古川琢也氏著「ブラック企業完全対策マニュアル」(晋遊舎新書)を読んでいたところ、

ストライキ等の争議件数を題材にしたコラムが載っていました(同書134~136頁)。

コラムの内容は、厚労省公表の「平成23年労働争議統計調査の概要」に解説を加えたものとなっています。

この統計が採り始められたのは1957年(昭32年)ということで、

1974年(昭49年)の 9581 件 がピーク、

以後、件数は減少し続け、直近の1911年(平23年)では 57件 に過ぎなかったということです。

ストライキ(やサボタージュ等の争議行為)の件数が、これほどまで ガタ減りしているとは全く知りませんでした。

参考になりました。

争議行為を伴う争議の件数.jpg

 (上表は「附表  総争議、争議行為を伴う争議、半日以上の同盟罷業、半日未満の同盟罷業の件数の推移」のデータから「争議行為を伴う争議」の件数の推移を作表したもの。) 

2 争議行為を伴う争議の状況」には、57件の「争議行為を伴う争議」の参加人数が 8,604 人 とされていますので、

争議行為の規模も 大々的なものではなく、こじんまりしたものであったことになるようです。

古川琢也氏は、「セブン-イレブンの正体」という 大変すばらしいルポを書かれているので、今回の「ブラック企業完全対策マニュアル」にも期待をしていたのですが、

残念ながら、今野晴貴氏の「ブラック企業  日本を食いつぶす妖怪」の二番煎じの内容でした。

  

ブラック企業完全対策マニュアル (晋遊舎新書 S15)

ブラック企業完全対策マニュアル (晋遊舎新書 S15)

  • 作者: 古川 琢也
  • 出版社/メーカー: 晋遊舎
  • 発売日: 2013/05/27
  • メディア: 新書


セブン‐イレブンの正体

セブン‐イレブンの正体

  • 作者: 古川 琢也
  • 出版社/メーカー: 金曜日
  • 発売日: 2008/12
  • メディア: 単行本

ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪 (文春新書)

ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪 (文春新書)

  • 作者: 今野 晴貴
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2012/11/19
  • メディア: 単行本


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 1