So-net無料ブログ作成

日本貸金業協会の「 悪質業者の検索 」 [証拠収集]

久方ぶりに日本貸金業協会のホームページを見てみたところ、

悪質な貸金業者を検索できるようになっていました。

悪質業者の検索

というページがそれで、

実在する業者やその関連会社を装ったり、無登録でありながら貸金業登録番号の詐称等で悪質な勧誘等が判明した悪質業者を検索できます

ということだそうです。

日本貸金業協会のトップページの「お知らせ」では、

悪質業者の一覧.jpg

と 「NEW」となっています。

今月(11月)1日から使うことができるようになった機能のようです。

この「お知らせ」ですが、「悪質業者の一覧を更新しました。」と書いてあるので、

別途、「悪徳業者の一覧」のデータベースのページでもあるのかしらと思ってしまいますが、

「悪徳業者の一覧」のページ゙はホームページ上にありません。

「悪質業者の一覧を更新しました」のリンクをクリックしても、「悪質業者の検索」の画面に飛ぶだけです。

さて、「悪徳業者の検索」の使い勝手ですが、

説明が全くありません。

不親切です。

ですが、「業者名」、「電話番号」、「住所」、「FAX番号」の 4 つを検索キーとししているようなので、

「業者名」や「電話番号」を入れて検索をし、

ヒットしたのであれば、何か表示されるはずです。

習うより慣れろの精神で、分かっているヤミ闇金の電話番号を入れて、試してみました。

ですが、ミヤ金10社について試してみましたが、全て、「該当なし」という結果でした。

該当がない場合には、下図のような表示がされます。

悪徳業者の検索検索結果(該当なし).jpg

仕方がないので、日本貸金業協会のサイトマップを見て、手掛かりを探してみました。

そうしたところ、悪徳業者被害に関する「被害の実例 」というページがあることが分かりました。

この「被害の実例 」の実例を開き、画面をスクロールしてみると、下の方に、

悪徳業者から送付されてきた ダイレクトメール(DM) 45 例とFAX 73 例、

また、

悪徳業者が開設しているホームページ 92例、

それぞれの画像がアップされていました。

「流石に、ここにUPされている業者なら、『悪徳業者の検索』でもヒットするだろう」と思って、試してみました。

試してみたのは、ダイレクトメール10の三菱クレジットという会社でしたが、三菱クレジットの名前を入れて検索をリターンすると、下の画面が出ました。

悪徳業者の検索検索結果(該当あり).jpg

想像どおり、ビンゴではありました。

ですが、同時に、

「該当することになる悪徳業者は、例えば、『三菱クレジット』の場合ですと、『ダイレクトメール10』といった具合に、『イメージ』(=画像)がある業者のことである」

ということまでも分かってしまいました。

つまり、「悪徳業者の検索」は、

被害の実例 」のDM45例、FAX73例、ホームページ92例の、悪徳業者計210社のデータベースから、

結果を表示するだけの

チャチなものだ

ということになります。

星の数ほどあるヤミ金の210社を揃えただけのデータベースで、

「悪徳業者の検索」が可能と言うのは、勇気がいりますね。

結論として、この「悪徳業者の検索」は、「使えねぇ」ということになろうかと思います。

日本貸金業協会は、協会に届いたヤミ金情報について無視を決め込むわけにもいかないので、

アリバイ的に「悪徳業者の検索」を作ったのでしょうか。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0