So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

元榮弁護士に対する懲戒請求 [旬の話題]

(2013年11月13日追記)

このブログに関しては、

元榮太一郎弁護士から、大﨑峰之弁護士を懲戒請求者、元榮太一郎弁護士を対象弁護士とする懲戒請求事件について、第二東京弁護士会綱紀委員会は平成25年8月27日に「対象弁護士について懲戒事由がないため、対象弁護士を懲戒委員会の審査に付さないことを相当とする。」との議決をした、

との情報提供をいただきましたので、その旨追記させていただいております。

 

 

横浜弁護士会の大崎峰之弁護士が、

弁護士ドットコムを運営するオーセンスグループ(株)の代表取締役である、元榮太一郎弁護士に対し懲戒請求をした

とのことです。

日本弁護士被害者連絡会会長さんの「弁護士と闘う !」ブログの14日の記事(「弁護士ドットコム運営の元榮太一郎弁護士(第二東京)に対して懲戒請求が出た 」)でそのことを知りました。

大崎峰之弁護士が、ご自身のブログ(「さぬきうどん 1 号のブログ」の10日の記事(「弁護士ドットコムって・・・ 17:15」))で、

元榮弁護士の所属弁護士会である東京第二弁護士会に、懲戒請求書を11日郵送で送ったと書かれており、送付した懲戒請求書の全文も載せられていることから懲戒請求は間違いないことのようです。

大崎弁護士がブログに掲載している懲戒請求書を読んでみますと、

懲戒を求める理由は、

元榮弁護士が代表取締役を務める、弁護士ドットコムの運営会社であるオーセンスグループ(株)が、 

  1.  弁護士本人の承諾なく、弁護士情報及び事務所情報をデータベースに登録したこと
  2. 日本弁護士連合会会員専用ページのデータを不正利用したこと

について、元榮弁護士が監督責任を果たしておらず、元榮弁護士には品位を欠く非行がある

ということのようです。

弁護士ドットコムについては、一方的にFAXを事務所に送りつけてくることについて、私も腹を立てていました(6月12日の「迷惑 FAX」参照)。

でも、代表者である元榮弁護士に対して懲戒請求を申し立てるなど、思いもよりませんでした。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

kayson

ずいぶん古いブログ記事ですが、妻がオーセンスの弁護士を代理人として、離婚調停を申し立てたために、これまで法曹関係者とは無縁の平穏?な生活が破壊され、色々調べていくうちにたどり着きました。
オーセンスは弁護士の先生の間でも評判がよろしくなさそうですね。
時系列からは前後しますが、オーセンスは競馬予想詐欺会社やアダルトビデオ制作会社の顧問弁護士を請け負い、一般市民を巻き込む悪辣な弁護活動をしているようです。
結婚生活が14年を迎える今年に入ってから、これまで穏やかな性格だった妻が、突如、暴言と暴力を私に振るうようになり、家庭内別居になりました。二人の小学生の子がおり、離婚は考えてなく、妻が落ち着くのを待っていたのですが、8月に妻がオーセンスと接触して離婚に向けた委任契約をしたようです。離婚調停の第1回目は、11月8日と通知が来たのですが、事前に家裁へ赴き、委任状等を謄写し、内容に疑問点が多数あったので、本日、第二東京弁護士会に委任事項に非行がないのか確認に行きました。結果、書面上に不備があるものの、軽微なもので、懲戒請求しても認められないだろう、との見解です。
妻から暴言暴力を受けた私に対し、こともあろうに同業弁護士からも評判のよくないオーセンスを代理人として調停を申し立てられ、平穏な生活が破壊されて、本当に悔しい思いをしています。
by kayson (2018-11-01 18:18) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0