So-net無料ブログ作成

13日の特区民間有識者議員らの記者会見の扱い [驚き]


加計学園による今治市での獣医学部の新設問題について、国家戦略特区諮問会議の八田達夫、竹中平蔵ら民間有識者議員らが13日()夜に総理府で記者会見がされました。


記者会見では「総理の意向」によってゆがめられたなどということはないと民間議員らは明確に述べ、記者との質疑も時間を十分に取り、記者の勉強不足な質問にも丁寧に応答がされています( FNNslineYoutubeu 投稿している(全録)加計学園・獣医学部新設 有識者が会見 その1(全録)加計学園・獣医学部新設 有識者が会見 その2の各動画参照。「その2」を見るだけで十分ではないかと思います。)。



産経ニュースの「政策判断と決定プロセスはすべて正当』 国家戦略特区諮問会議民間議員が会見」の記事が配信されたのは 「2017.6.13 22:31」です。


13時夜の記者会見は 午後1030分頃には終わっていますので、記者会見の記事は 翌日14()朝刊の締め切りには十分間に合っているはずです。


 


でも私が翌朝(14()の朝)に、目を通した中日新聞朝刊には、その記者会見の記事が載っていませんでした。


流石に、夕刊には載るだろうと思っていましたが、14()の夕刊にも、15()の朝刊にも、記者会見の記事はありません。


「中日新聞の記者が記者会見場に出向かなかった」としても、共同通信社からの記事の配信はあるはずです(共同通信2017614)ゆがめられた事実ない 国家戦略特区の議員会見参照)



そんなことおよそ考えられないことですが、報道しないかのようです。




雑誌記事横断検索で、朝日、読売、毎日、産経の4紙、時事通信、共同通信の通信社、中日と東京が、13日夜の国家戦略特区諮問会議民間有識者議員らの記者会見について、いつ、どのように報じているのかを確認してみました。


「特区 、諮問会議、八田」をキーワード、検索期間を「最近1週間分」として検索してみたところ、朝日、読売、毎日、産経は、14()の朝刊に記事を掲載していることが確認できました。時事通信と共同通信も記事のこの記者会見を記事として配信していることが確認できました。



ちなみに、朝日は「『判断ゆがまず』でも『最後は政治判断』 諮問会議議員 加計問題」、読売は「加計問題 学部新設決定『正当』 特区諮問会議 民会議員5人が反論」」、毎日は「岡山・加計学園: 獣医学部新設計画 特区WG座長、首相介入否定」、産経は「獣医学部新設『正当なプロセス』」ないし「戦略特区『正当なプロセス』」という題名の記事した。  



しかし驚いたことに、中日新聞、東京新聞の記事検索の結果は 0件 というものでした(下図は新聞雑誌記事横断検索の「検索結果画面」をキャプチャーしたもの。)



何と本当に、中日新聞13日夜の国家戦略特区諮問会議の民間有識者議員らの記者会見を一切、報じていないことが確認できます。


  


これ、結構すごくないですか。名古屋の人間は結構、13日夜の記者会見があったこと自体知らなかったりするかも。


   


検索結果は9件.png



 


米俵の大きさ [驚き]

米俵 1俵 の重さが 60キロ(Kg)であることは 豆知識として知ってはいましたが、

この米俵、1俵60キロが どれくらいの大きさものであるかご存じでしょうか。

 

私は、米俵を大八車に載せて運んでいる、時代劇の場面からの想像で、

俵の直径は70センチ、俵の長さ1メートル 

と答えたのですが、実はもっと小さく、

直径 47センチ、長さ(幅) 75センチ

くらいのものになるようです(Google「米俵 サイズ」検索の結果を参照ください。)。

 

米俵の直径が50センチにも満たないなんて。

50センチ定規に収まってしまう長さが、俵1俵の直径だ、などとは 思いもしませんでした。

 

ちなみに米俵ですが、北原進氏著「百万都市  江戸の経済」(152頁)にという本の中で、北原氏は、

「俵という収納具は、東南アジアでもあまり見受けない。米作と結びついたこの文化の由来は、たいへん気になるところである。」 

などと述べられています。

米作をしている ほかの国では 余った藁をどうしているのでしょう。燃料として燃やしてしまうのでしょうか。

そのことが、文化がどうのことよりも、よほど気になりました。

 


百万都市 江戸の経済 (角川ソフィア文庫)

百万都市 江戸の経済 (角川ソフィア文庫)

  • 作者: 北原 進
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川学芸出版
  • 発売日: 2014/09/25
  • メディア: 文庫

 


ある物損事故の訴訟でのこと [驚き]

物損事故の損害賠償訴訟の控訴審でのこと。
   
相手方から提出された書証の内容を確認したところ、第一審で提出されていたものとほぼ一緒のものであることに気づきました。

第一審では、書証の標目を「見積書」として、A4×1枚の相手方車両の修理見積書に、A4×6枚に計35枚の写真が貼付された、自動車の損傷箇所を撮影した写真帳を合わせた 計7頁のものが提出されていましたが、
 
今回、控訴審では、証拠の標目を「写真」として出されたものが、その「見積書」の写真(帳)の部分を 出してきたものでした。
 
       
なぜ、そのようなことをするのだろうかと怪訝に思い、 内容の確認を進めたところ、 5頁目の体裁が 少し違っていることに気付きました。
      
   
下の画像は、第一審と控訴審で提出された写真(帳)の5頁目をスキャナーで読み取ったものです(ただし、下の画像の赤線の囲みは私が 識別しやすいように付しています。)
 
キャンプション が下にだけ 付けられていることが確認できるかと思います。
    
改竄 ? 
 
    先.jpg   
              (乙6として既に提出されていたもの)
   
    後.jpg
                (乙15として控訴審で提出されたもの)
 
       
       
下の写真は、どのようなキャプションが書き加えらているのかが読み取りできるよう、5頁の左側の1、2段目部分を示したものです。

 
         先(左1、2段目).jpg   
         (左側画像の左側1、2段を拡大したもの) 
     

     
         後(左1、2段目).jpg
              (右側画像の左側1、2段を拡大したもの)
 
                    
                               
     
こんなことを してくることに 驚きます。
  
取材歓迎   
        
 

マクドナルドのアルバイト [驚き]

マクドナルドではアルバイトのことをクルーと呼ぶようです。このクルー、何人ぐらい いるかご存じでしょうか。
 
 
答えは なんと、約 14万人 です(マクドナルドHPのマクドナルドCSRレポート2014年(日本語版)のピープル(従業員)の箇所 参照)。
    

 
厚労省の「正社員転換・待遇改善に向けた取組」という政策を紹介するページでは、 「『非正規雇用』の現状と課題」と題した資料を載せています。
   
下表は、「『非正規雇用の現状と課題」1頁にある【正規雇用と非正規雇用労働者の推移】をまるまる引用したものです。
 
昨年(平成27年)は、8年振りに 正規雇用労働者が26万人増だったということですが、景気が一番の原動力になっているようですね。
     
 
 
 正規雇用と非正規雇用労働者の推移.jpg
 
 
厚労省は、勤め先での「呼称」によって、非正規雇用労働者を、派遣労働者のほかに、「パート」、「アルバイト」、「契約社員」、「嘱託」と分類していますが、
 
マクドナルドのクルーは「アルバイト」に分類されるのでしょうか。
  
 
そうだとして、アルバイト 405万人のうち、マクドナルドが14万人(3.5%)を占めていることになるわけですが、これって結構、凄くないですか。

手形訴訟は年間 たったの 200件 [驚き]

オリンパスの濱田正晴さんが会社と和解した件を担当した裁判官について確認していた際、

東京地裁民事第8部の構成が目に止まりました。

甲合議係、乙合議係、A合議係、B合議係の4つの合議係と、い係、ろ係、は係、に係、ほ係、と係の6つの単独の手形係があるようです(「東京地方裁判所(民事部)担当裁判官一覧」参照)。

 

ところで手形訴訟の事件数ですが、6つの係で分担しないといけないほどあるのでしょうか。気になりました。

4年前の2012年(平成24年)2月12日のブログ(「 手形の利用は激減している(続き)」)で、地裁と簡裁における平成3年から平成22年までの手形訴訟の新受件数について触れていましたが、その後はどうなのでしょう。

平成26年までは司法統計で確認可能なので、平成26年までの分を繋げてみました。 それが下表となります。

平成26年は、なんと手形訴訟は 全国で 217件 でした。

でんさいが普及したのか、単に手形が使われなくなったのか、その両方なのかは調べていませんが、1万件近かった15年前のことを思うと、隔世の間があると感じ入りました。 

 

手形訴訟推移.jpg


滋賀県警が全高齢世帯訪問へ [驚き]

滋賀県警本部が、全国で初めて、振り込め詐欺対策として、高齢者だけで暮らす滋賀県内のおよそ2万世帯すべてに警察官を派遣し、直接注意を呼びかけることとしたということです(NHKニュース2015年10月23日「”詐欺に注意を” 滋賀県警が全高齢世帯訪問へ」)。

 

振り込め詐欺対策として、

「なぜ、警察官に高齢者宅をローラーで訪問させないんだ」と思ってましたので、今回のニュースに接して、警察庁もやっと重い腰を上げることとしたのだなとの感想を持ちました。

中日新聞も、NHKニュースと同様の記事を掲載していました。

各社の報道内容をじっくり読んでみようと思い、 

「滋賀県警」、「振り込め詐欺」、「特殊詐欺」、「訪問」 

をキーワードとして Google でニュース検索をしても、NHKニュースも、中日新聞の記事も ヒットしません。 

検索期間を「1週間以内」に絞ると 記事自体 0件です。 

ウェブ全体でGoogle検索をしてみたところ、2件目に NHKニュース が出てきました。

 

ウェブ全体では検索されるが、ニュースでは検索されないという結果でした。

ニュースの検索順位を下げる 逆SEO ではなく、検索エンジンであるGoogleに登録されないようにされていることになるようですが(Just-Size.Networksという会社のHP「検索エンジンに登録されないようにする方法」参照)、

「全戸訪問は可能」であることを知られないようにするために、  

誰かがニュース検索ができないようにしているのでしょうが、恐ろしい話ですね。

 

続きを読む


カンボジアの胡椒 [驚き]

 カンボジアの胡椒が世界一という能書きはさておくとして、

Kurata pepper は、 

「これ、こしょうなの」という 驚き でした。

 

一度試してみても損はないと自信を持って言えます。 

 


クラタペッパー 黒胡椒 ブラックペッパー

クラタペッパー 黒胡椒 ブラックペッパー

  • 出版社/メーカー: クラタペッパー
  • メディア: その他

 

 


ユニバーサルサービス [驚き]

裁判所が提供するサービスは、

予納金や予納郵券の多寡について裁判所ごとに違いはあれど、 

(営業)時間などは当然、全国一律の ユニバーサルサービス が提供されているものと思い込んでいました。 

 

でも、それは間違いのようです。

「受付時間」、「裁判所」をキーワードにしてグークル検索をしてみると、

名古屋家庭裁判所   

  午前8時45分~12時、午後1時~5時

京都家庭裁判所     

  8:30~12:00、13:00~17:00 

だということが確認できます。 

 

てっきり、どこも 9時 だと思っていたのですが、違うんですね。

ところで、裁判所の受付の ヒット が 2件 だけって 「どういうことよ」ではないですかね。 


法テラスの契約弁護士への支払額 [驚き]

法務省は、 DVやストーカーの法律相談を誰でも無料で法テラスで受けられるとか、経済的に余裕のない人の弁護士費用を国が負担する内容で、総合支援法を改正する方針を定めたということです(産経ニュース2014年12月8日「DVやストーカー被害支援強化へ  国が弁護費用、法律相談も無料化」)。
    
新たな事業を開始するのであれば、当然予算措置を講じないといけません。法務省の平成27年度概算要求 を見落としていたかもしれないと思い、
 
法務省が報道発表している資料(「平成27年度概算要求について」)を確認してみましたが、DVやストーカーに関する事業は掲載されていません。
      
  
   
予算措置を講ずることなく、法テラスが契約弁護士に対する支払額を減らすことによって調整しようとしているのではないかとの疑念が沸いてきました。
   
そして、もしかしたら、契約弁護士への払いを厚くしてきていて、それを交渉材料にでもするのかしらとも想像してみました。
   
法テラス事業(正確には、「日本司法支援センターの運営(国選弁護人確保業務委託を除く)」)に関して法務省は、
 
行政事業レビューシートを作成し公表をしていま。
 
ですので、それを見れば 法テラスが毎年発表している 財務情報 からでは到底、把握など不能な、
 
法テラスが契約弁護士に対し、国選以外で、総額いくら報酬として支払っているのかが分かります。
 
法務省で開示された平成21年度から25年度の5年度分ですので、その期間における推移しか分かりませんが、
   
結果は、 
   
平成21年度   50億09百万円
   
平成22年度   74億46百万円
     
平成23年度   75億32百万円
    
平成24年度   61億04百万円
    
平成25年度   38億90百万円    
 
ということとなりました。
   
 
手厚い報酬支払いなんてされていません。
   
平成25年度は、前年度から4割減らされている結果となっていました。 
   
 
私は法テラスの予算は順調に増加していると聞いてましたので、契約弁護士に支払われる報酬総額も当然 純増だと思っていましたが、そうではありませんでした。
     
見間違えたのではないかと 驚いてしまう結果だったことになりますが、
       
誰が 説明責任を果たしてくれるのでしょうか。  
     

有斐閣までも [驚き]

有斐閣 までもが 迷惑ファックス を送ってくるようになるとはね …
     
    
 
有斐閣.jpg