So-net無料ブログ作成

吉野屋のモットー [感想]

「吉野屋」、「モットー」をキーワードにグーグル検索すると、「年商1億円という目標を自ら課し、「はやい、うまい」というモットーを掲げる。これまでは牛丼以外のメニューも提供していたが、牛丼のみに。また、「お客様は牛丼を食べに来ている」と考え、それまで具材として入っていた焼豆腐、筍をやめて牛丼と玉ねぎだけの…」とのディスクリプションが表示される、「牛丼100年ストーリー|吉野屋公式ウェッブサイト」が一番目に出てきます。   


吉野屋の牛丼100年ストーリーを読んでみると、

「はやい、うまい」は、吉野屋の創業者である松田栄吉氏が 1958年に株式会社吉野屋を設立した際にモットーとして掲げたということです。

その数年後、1962年には 吉野屋の他店舗化に向け、「やすい」を加えた「はやい、うまい、やすい」をキーワードとし、さらに、吉野屋がBSEで牛丼販売を休止した2005年に、市場のニーズにあわせて、「うまい、やすい、はやい」に(、「はやい、うまい、やすい」から) キャッチフレーズを さらに変更したことが書かれています。


私の感覚では、

「モットー」 ≠ 「キーワード」 ≒ 「キャッチフレーズ

です。

「はやい、うまい」というモットーに「やすい」を加え、「はやい、うまい、やすい」とすることは許されるとしても、

1番の価値を認めてた「はやい」を、「うまい、やすい、はやい」の最後に持ってくるなど私には考えられません。



ところで、日経BP社サイトに掲載された 吉野屋の前々社長であった安部修仁氏の講演録中では、安部氏は、吉野屋のコア・コンセプトが、

・創業時(日本橋・築地) 「うまい、早い」

・1970年代       「早い、うまい、安い」

・1980~1990年代    「うまい、早い、安い」

・2000年代       「うまい、安い、早い」

という順番で変化をしたと述べています。



牛丼100年ストーリーでは、1958年に会社設立時のモットーは「はやい、うまい」でした。安部社長とは 「創業時(日本橋・築地) 『うまい、早い』」のところが違います。

安部社長は  1980~1990年代は 「うまい、はやい、やすい」だったなんてもいってます。

  


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント